めげない、しょげない、

ギターとユニクロで生きてます

色のはなし

 

俺はいま何色の日々を過ごしているんだろう。

休学する前の大学生活は限りなく曇った鈍色だった。それからは少しずつ色を取り戻していった。冬は考えられないほど鮮やかだったと思う。後述する曲の表現を借りればバラ色って言えちゃう。恥ずかしいけど。

忘れてしまえば楽になるかもしれないとわかっていても忘れることが俺はいま辛いんだとあれだけ泣き続けた感情は、いざ実際に記憶が薄れてしまうと思いのほかあっけらかんとしていてなんだか今度は虚しくなってしまう。

帰り道、気付いたら聴かなくなっていた曲を聴いた。涙は枯れたと思っていたけどやっぱり涙がこぼれた。少しだけ泣いた。

そんなことをやっていたら家に着いたので聴いていた曲の残りの尺を外で聴いてから家に入ろうと思って星を眺めることにした。見上げた星は近ごろ度の合わなくなってきた眼鏡じゃあまりきれいには映らなかった。ぼやけているのは涙のせいじゃないことはよくわかった。

そういえば同じように外でこの曲を聴いた日があったな。あの日はめちゃめちゃに泣いた。何が悲しくて泣いているのかすらもうわからないくらいに泣いた。

まだ寒い冬の夜だった。上着も着ずに外を歩いて泣きながら音楽を聴きたばこを1本吸ったらめまいがして最悪の気分で家に帰った。今考えるとすごく滑稽な姿でしかないね。

もう半袖Tシャツでも寒くない夜がやってきたらしい。たばこは吸わなかった、吸いたくもならなかった。というかたばこは本来俺の日常には必要のないものだから普段は1本も吸いたいと感じることがないのだ。ゆえに禁煙できない人がわからない。俺は禁煙とオナ禁どっちがキツい?と聞かれたら間違いなく後者を選ぶだろう。すみません話が逸れました。

ほんのくだらない戯れ言のような時間でも俺にとっては現実にやってきたでかい夢のかたまりだった。くだらないものじゃなくなってしまっていた。目が覚めたまま夢を見て冬を終えた。

だけどもうそれも必要ない。叩いてばきばきに割れた薄氷みたいだった心はもう割れることのないように解けて春が来た。そうしてやがて夏が来る。そうそう、秋には着るのが今から楽しみな服があるんだ。

楽しいことが増えた。楽しいことを素直に楽しめる仲間が増えた。しんどいときに話を聞いてくれる仲間も相変わらず居てくれる。前よりも自分の好きなものを大きな声で「好きだ」と堂々と叫ぶことができる。忙しい毎日に疲れがたまったのと季節の変わり目なのが相まって体調をちょこちょこ崩しているけれど今の自分はわりと幸せに暮らしてると思う。

そういうわけで、元気です。もう心が締め付けられるようなこともないです。冬になるときっと期間限定の香水の匂いが時々街の風に乗ってやってくるからそのときは般若の顔面になっているかもしれませんが。

 

俺はいま何色の日々を過ごしているんだろう。

それはそれでバラ色なんじゃないだろうか。

 

 

 

だれか新しいブログ名考えて…

 

洗顔後に使うクリーム(↓これ)を蓋を開けた状態で落とし、中身を洗面台に3割ほどぶちまけて大変ザンネンなことになっためげんなよ恭平ですどうも。

f:id:NameLow:20190503050543j:image

さすがにもったいないので使えそうな部分をすくって全身に塗りたくったらいつになくシットリしてちょっと面白かった。

 

 

はい。

 

 

このブログの名前はご存知の通り「めげない、しょげない、」で、自分でもそこそこ気に入ってはいる名前なんだけど、それを変えちゃおうかなって思ってる。

 

というのも、これを見てほしい。

 

f:id:NameLow:20190506115929p:image

 

「めげない、しょげない、」で検索しても純度100%がんこちゃんなの。

そりゃそうだけどさ…けどさ!

 

いくら月間PVが500もいかないような弱小ブログであっても検索して最初のほうに出てきてくれたら嬉しいじゃん??それでなんとなく読んでくれる人が居たらもっと嬉しいし。

 

 

ちなみに「めげんなよ」で調べると上から3~4番目にぼくのTwitterアカウントが出てきます。有名人かな?

f:id:NameLow:20190506120152p:image

見切れてる『めげんなよ 哀愁街道』がほんの少しだけ気になる

 

めげんなよ、という文字列はもはやぼくの専売特許と言っても差し支えないのではなかろうか。というか「めげんなよ」なんてHNに入れてるふざけた人間、調べる限りそもそも世界にぼくしか居ないし。

 

さらに言えばそのすぐ下には電気グルーヴピエール瀧の記事がごっそり出てきます。そう、ぼくはそれよりも「めげんなよ」における検索で「上」です

f:id:NameLow:20190506120356p:image

捕まった人と同列視するのはどうなのなんて言わないで

 

 

うーん、どういった名前なら「めげない」をうまく絡めたキャッチーかつオンリーワンの名前をつけられるんだろう。。

こういった名前を考えるのってすごく苦手なんだよなあ。直感でポンと出てこないと途端に頭がかたくなって「面白い名前…変わった名前…」みたいなふうに考え込んでしまう(おまけに何も案が浮かばない)。

 

名前を考えることについて何か良いアイデアがある方、そもそも新しいブログの名前が思いついた方、ご連絡をお待ちしております。

 

 

こんなくだらないブログですが今後も読んでいただけるとそれだけで励みになります。ただの趣味だけどね。

 

 

それではまた次回。

 

 

フレットバターの威力に引いた件

 

足の小指をぶつけ悶絶しぶつけた箇所を見たらまあまあな量出血してたんですが、これよりもシンプルな「散々な出来事」ってないよなあ…と思っためげんなよ恭平ですどうも。

 

今回はレビュー記事を書いてみます。ギターの話です。

 

 

ネットでたまたま口コミを見て気になっていた、指板とフレットの掃除に使うFRET BUTTER(フレットバター)をためしに買ったので、弦交換のついでに使ってみました。そのレビューです。

弱小ブログなのでアフィリエイトもなにも入れてません。レビューするんだからお金をくれ。

 

 

 

先に感想を言わせてもらいます。

手順がツーステップでめちゃめちゃ簡単なのに汚れが落ちすぎてちょっと引きます。なんだこれ怖い。

 

 

 

【実際にやってみる】

 

使うギターはこの子。

f:id:NameLow:20190504022108j:image

Bill Lawrenceのストラトタイプ。3年ほど前にメルカリで約2万円(安い!)で購入。以後ずっとメインのお気に入り。シースルーグリーンがかっこいいんす…。

フロントPUは断線していたため同社の現行ブラックラベルS1を買って交換してます。普段使うのはcinema staff ギターの辻さんリスペクトでこのフロントのみ。音、良いです。

 

 

話が逸れた。

 

 

まず弦を外した状態。わかりにくいけど指板にうっすらと汚れがついてフレットは少し曇ってます。

f:id:NameLow:20190504023231j:image

 

そしてこれが今回の主役、フレットバター。

f:id:NameLow:20190504022019j:image

(撮る前に封を開けてしまった)

ギター弦に近いサイズの容器、みたいな説明の通りけっこうコンパクト。

袋が乾燥防止のためかジッパーになっています。開けるとき結構固かった。。

 

開けると中から淡いピンク色の布が出てきます。この1枚で20回ほど使えるそうな。

表現が悪いけど「バター」の名に恥じぬ油ギトギト布。正直触りたくない。

f:id:NameLow:20190504022830j:image

匂いはバニラとココナッツの中間みたいな甘〜い感じです。そこまで強烈には匂わないけどけっこう残る(後述)。

 

手順その1。これを指板とフレットに塗っていきます。塗るだけでいいので擦る必要はなし。

f:id:NameLow:20190504023722j:image

塗った

 

これだけでも少し汚れがついたんだけど…。

f:id:NameLow:20190504022815j:image

 

さて、手順その2。タオルなどの布で激しく←→の方向に擦っていきます。黒い汚れがつかなくなったら終了らしい。

 

f:id:NameLow:20190504024323j:image

使うのはこの布。買い替え直前の古いクロス。

 

まあ自分ギター触る前には必ず手洗いしてるし、なにより弦交換のたびにオレンジオイルで綺麗にしてるからそんなに汚れはつかn

 

f:id:NameLow:20190504024443j:image

マジか。

 

f:id:NameLow:20190504024525j:image

マジか…。

 

いや、シンプルに引いた。いつまで経っても黒い汚れなくならないし。えっ…?こんなに汚れてたの…?

 

 

afterです。指板のうっすらとした汚れは完全に失せ、フレットが「ギラギラ」と表現できるレベルで輝いています。(やっぱりわかりづらい)

f:id:NameLow:20190504024852j:image

 

一応並べてみました。撮り方が一定じゃないのが申し訳ない。でも並べてみると結構違くない??もうわからなかったら実際に見てくれ…すごいんだってばよ…。

f:id:NameLow:20190504025340j:image

 

 

このあとはボディや細かいところをポリッシュでキレイにし新しい弦をつけオクターブまでチューニングして終了。

お疲れ様でした。

f:id:NameLow:20190504025543j:image

 

 

【まとめ】

 

これすごいわ。。こんなに簡単なのにこんなにゴッソリ汚れ落ちる??

指板とフレットが綺麗になった(今回はそれに加え弦を交換した)おかげで弾きやすさが倍増した。演奏感がなめらか。。よき。。。

 

本来フレット磨きってマスキングテープ貼ってコンパウンド使ったりで手間と労力がかかるんだけど、これなら簡単なので、完璧を求めなければ誰でもできる手入れになると思います。

 

デメリットとしては、手順その2の「黒い汚れ」がなかなか消えきらなくて少しストレスを感じてしまったことと、甘い匂いがそこそこ指板に残ってしまうことだと思う。

後者については、かなり入念に拭いたのにいまだに指板から甘い匂いがする。てか部屋に入ったら微かに甘い匂い…。そのうち消えるのかな。ぼくは気にならないけど。

次はもっとちゃんと拭きます。

 

いやあ、長いこと同じギターを使っている人・中古でギターを買った人はマジで一度試してくれ。良い意味で引くから。良い意味で。

 

公式のリンクを貼っておきます。使えない指板の材もあるみたいなのでご参考に。

https://www.killer.jp/dmi/fretbutter.html

 

 

簡単なことしかできないけど、こうやって自分のギターを自分であれこれ手をかけると愛着が湧きまくるね。やっぱりこのギターが大好きだなあ。ほんとコイツですわ。

 

 

丁寧にやっていたら思いのほか時間がかかった〜つかれた!おしまい!

 

 

 

 

あージャズマスター欲しい!

 

 

 

 

 

それではさようなら。

 

 

京アニの手で息を吹き返し、また死ぬオタク

 

あけまして令和。映画館のB列はさすがに前すぎて首が疲れることを体感しためげんなよ恭平ですどうも。二度と前には座らん。

 

響け!ユーフォニアム 〜誓いのフィナーレ〜』を観てきたので感想を少し。ネタバレは無しで。

 

 

いやあよかった。

 

 

リズと青い鳥』を観たときから「観に行く!」って決めてこの日を楽しみにしていた。同名の劇中歌でもあった『リズと青い鳥』の完成系がいったいどう描写されるのかが気になって仕方がなかった。

 

 

結論から申しますと、スゴいです。

 

 

コンクールの演奏シーン、これでもかと言うほどに丁寧に描かれていた。頭から終わりまで鳥肌が止まらなかった。

ピークはやっぱりのぞみぞの演奏が絡むソロ。いやほんと君たちさあ…(語彙を失う)

 

あんまり関係ないけどぼくは『リズと青い鳥』で一度死んだ身なので、学校の練習シーンとかでほんの一瞬でも希美やみぞれが映るたびに泣きそうになってしまった。傘木アンド鎧塚、そこにいるだけで尊い・オブ・尊い

 

 

吹奏楽ってこんなに表情豊かな演奏ができるものだったのか…。映像もクオリティが想像を超えてきて、さすが京アニだなぁと。

 

普通は楽器の演奏をアニメーションにするのってかなり難しいと思うんだけど見事に美しく描いてたなあ。

個人的にはパーカッションに向いた画面が、楽器を打つリズムで少し振動していたのにグッときた。恐ろしく芸が細かい。そんなとこいちいち描かなくてもよくない?(笑)

すごいね、マジで。。

 

 

2年生になった久美子たちと新しく入ってきた1年生たちとの関わりあい(新入生のキャラみんなクセまみれで笑った)、久美子の圧倒的な人間力。みんな久美子のこと否が応でも好きになるでしょ。ほんと主人公。

麗奈との距離感が作品を追うごとに近くなっているのも良かったですね。

 

『響け!』は、努力を、それも正しい努力をこれでもかと言うくらいまでやれた人がようやくバッターボックスに立てるシビアな世界をありのままに描くところがすごく好きだ。ちょっと残酷なようにも見えるけどご都合に振り回されない気高さが好きだ。

 

 

とはいえネタバレ以前に細かいところまでは言葉にできないのが自分の脳みその足りていないところだと痛感する。こういう感想って書くの苦手なんだよね。書くけど。

 

そんな足りない脳みそを補完するためにもう一度観に行ってしまおうかとすら考えている深夜2時です。ついでに言えば原作本も買い揃えてしまおうかと考えている(これに関してはたぶん買う)。

 

 

3週間前に過去作2作+『リズ』をセット上映してくれた京成ローザの有能さには頭が上がらないよ。千葉に生まれて良かったと久しぶりに感じる。

 

『響け!』は1期2期と追っかけていたけれどここまでドップリ浸かってしまうとは思わなかったなあ…観ようか迷っている人はぜひ観てください。そうでなくても『リズと青い鳥』を観てない人は無条件に観てください。世界が変わる。

 

 

よき、よき日だった…令和ありがとう…。

 

 

ホクホクした気持ちで1日を終えます。

 

 

それではまた次回。

 

何も変わらない

 

今日これから平成最後の夜に酒を飲んで優勝するめげんなよ恭平ですどうも。金メダル持って令和凸しよう。

 

そう、改元です。もう嫌という程に連日「令和」の文字が飛び交っている。そしてついに明日施行される。

テレビを点けると、「令和まであと〇時間!」といったテロップが表示されていた。いよいよだ。

 

 

…だから?

 

 

令和を迎えたら何が変わるのだろうか?

もちろん天皇陛下は歴史的にも少し珍しく崩御されることなく代わるし、書類に書くような元号も新しくなる。

 

でもだから何だというのだろうか。そんなに日本中ではやし立てることなんだろうか。

 

街を歩けば右を向こうが左を向こうが「ありがとう平成」だ「令和セール」だといった文字が目に入る。べつに平成だろうが令和だろうが関係なくやりたいだけなんじゃないの。

テレビでは前述の通り、あと何時間なんてテロップを出すだけ出してワイドショーやらバラエティを放送している。中途半端にそんなことするなら陛下の式典をずっと放送してたらどうなの。

 

元号が変わったら何が変わるの?

がらりと人が変わる?文化が変わる?社会が変わる?時代が変わる?

違うよね。

 

20歳の誕生日を迎えるとき、何かが大きく変わるような気がしていた。でもなんにも変わらなかった。ただ今までの延長線でしかなかった。そういうものだと思う。生活は何も変わらないのだ。

 

だからそんなにワイワイやってる人たちは、なんか騒ぎたいだけなのかなあ〜なんて思ってしまった。

 

 

とか言いながら「平成最後の夜に酒を飲む」ことに特別感を覚えているんだけどね!矛盾。

結局自分もその中の一員なのかもな〜、くっだらね!

 

 

気にするだけ無駄か。おさけをのみます!

 

さようなら!令和でまた会おう!

 

めげない近況報告

 

学校が始まってからかなりタイトな日々を過ごしています。ゴールデンウィークが始まってようやく一息つけためげんなよ恭平ですどうも。

 

どのくらいタイトかと言うと、体調を崩すくらいにはタイト。

 

恐らく疲れの影響で先週はアレルギー反応が凄まじかった。薬飲んでもくしゃみ鼻水が止まらないの。しかもやけに水っぽい鼻水だから「垂れる」じゃなく「零れる」って感じで大洪水ナイアガラだったの。

ただでさえ疲れてるのにくしゃみ鼻水で余計に体力を持っていかれて完全にやられた。最終的にはバイトの休憩中に気分が悪くなってゲロって帰らされるという。。

 

おかげさまで復活です。よく寝なきゃだめですね。

 

 

 

大学が始まって1ヶ月経つので簡単に近況報告をば。

 

授業。

楽しいです。法律の40倍くらい楽しいです。もちろんつまらない授業もあるけど気にならないくらい。

でも時間割が鬼。シンプルに忙しい。帰ってからの自分の時間を取れないのがつらい…。ほぼ毎日6時起きだから寝不足気味になるし。それが続いて冒頭の体調不良を起こしたんだろうね。

 

友達。

居ません。は?

毎日大学でおひとり様を充実させています。空きコマは勉強したり動画見たりふらふら出歩いたりして自由に暮らしてる。

まだサークルに入る踏ん切りをつけられていなくて…。ゴールデンウィーク明けたらDM送ってみます。

 

お金。

…バイトを頑張っています。来月の末に定期を買い直さなきゃいけないのがつらいね。待ってろMacBook Pro

とか言いながらfoufouという小さなブランドの新しく始まったメンズアイテムが本当に可愛すぎて喉から手が出るほど欲しい、というか多分もう喉から手出てきてる。出てきた。いまは完売してて、再販したら間違いなく買います。洋服楽しい。

 

 

 

忙しいけどそれなりに充実して退屈のない毎日を送れています。趣味も時間見つけてはチョコチョコやってて楽しい。

とはいえ余裕のない暮らしなので彼女とかつくれそうにない。しぶい。まあそうなりたい相手も居ないんですけど!

 

 

 

余談をひとつ。

アパレルバイトの後輩にこの「めげんなよ恭平」のTwitter垢が満を持してバレました。速攻でインスタストーリーに晒されて笑いました。

インスタのIDもmegennayo_だから時間の問題ではあったんだけどね、ちょっと恥ずかしいよね。このブログもばっちり読んだ奴いるし。

隠してたエロ本が親に見つかったみたいな恥ずかしさがあります。エロ本所持したことはないけど。

 

 

さて。ゴールデンウィーク明けたらまたせわしない毎日がやってくるのでこの休みはしっかり満喫します。先輩と飲みに行く約束をしたらその日は平成最後の夜だってことに気付いた。平成最後の夜を一緒に過ごせるね////

 

 

恐らく平成最後のブログ更新でした。それではまた次回。

 

 

 

京アニに殺されたオタクの屍

 

時間管理が下手すぎて学校始まった途端に寝不足気味のめげんなよ恭平ですどうも。眠い。

 

 

公開から約1年、満を持して『リズと青い鳥』を観てきた。

映画が公開されている期間からすでにTwitterで評判はたびたび耳にしていたが、腰が重いぼくはなんだか観に行かずに今日まで生きてしまった。

 

 

そして今日ぼくは死んだのだった。京アニによって殺されたのだ。

 

 

恐ろしく、途方もなく美しかった。アニメ映画はここまで美しくつくれるのか、と。

 

描画からすでにおかしかった。本編である『響け!ユーフォニアム』のハッキリとした色彩とは裏腹に、少し儚げで淡い色彩がヒロインの鎧塚みぞれ・傘木希美の、近いけど近づけないというような関係性と内向的なみぞれの人間そのものをこれでもかというくらいうまく表現していた。

 

あと、みぞれの肌、ほっぺたの質感がもはや2次元のそれではなかった。優しくさらさらした少しひんやりとした肌、それの現実の手触りすらありありと想像できてしまうほどに「肌」だった。怖いわ京アニ

 

 

うまく自分の気持ちを言葉にできないみぞれといつもみぞれの前を歩く希美が紡ぐ物語、話の進むテンポ、後半の演奏シーン、クライマックスのみぞれと希美のハグ、そしてラストシーン。このひとつひとつが繊細で美しかった。あまりの美しさに思わず涙がこぼれた。みぞれのハグの瞬間にぼくは一度死んだ。間違いなく。

 

ぼくはこれを安易に「百合」とは呼びたくない。観たらこれゴテゴテの百合でしょとか言う人が大半だろうけどな??

 

 

こんなの観させられてしまったら『リズと青い鳥』そのものの最終形がどうなったのか気になっちゃうじゃん。来週公開する『響け!』の新作観に行きたくなっちゃうじゃん。行けばいいんでしょ?全く…

ずるい。ずるいよ京アニ

 

劇場新作の公開記念で『響け!』過去の2作と『リズ』をぶっとおし上映してくれた京成ローザさん、本当にありがとう。あなたも共犯だ。

 

 

終演後、自然と劇場内に拍手が起こったのは自然なことだった。素敵な作品でした。

 

 

公開から1年も経つ今さらすぎるタイミングだけど本当に良かったので衝動で書き上げてしまった。『響け!』もあわせておすすめしたい。

 

 

それではオタクの屍からは以上です。また次回。